うつは病院でしっかり治そう【副作用の出にくい薬】

サイトメニュー

薬物療法の必要性

病院

うつ病を治療するために、抗うつ剤を使った薬物療法を行うことがあります。薬物療法で治療することに不安を抱える患者もいますが、抗うつ剤は脳内神経伝達物質の働きを良くしていくために服用するので心配することはありません。

詳しく見る

選んで安心良い病院

ハート

服用中の様子を聞いてくれるなど、うつ病を病院で治す時は、投薬治療を的確に行ってくれる精神科や心療内科を選びましょう。そして、うつ病はメランコリー型をはじめ、非定型や精神病性に分類できるのが基礎知識となっており、個々で違う症状を持っています。

詳しく見る

薬物療法の効果

男女

うつ病は治療を行えば症状が良くなります。まずは自分自身でうつであるということを認めなければなりません。自分の置かれている状況や症状を把握して治療に取り組むことが大切です。一般的にはカウンセリングと薬物療法を行います。

詳しく見る

まずは相談しよう

カウンセリング

うつ病は、ストレスや環境の変化などが原因で引き起こされる精神障害です。真面目な人がなりやすいのが特徴で、見た目だけでうつ病と判断するのは難しいです。適切な治療を行う先生がいる病院を選ぶことが大切です。

詳しく見る

現代病を改善する為に

男性

多くの人が発症のリスクを抱えるうつ病ですが、治療は精神科や心療内科で行っています。抗うつ剤の服用など行いながら心と体の両方にアプローチを掛けながら治療が行われるでしょう。上手に抗うつ剤を利用しながらきちんと治療を行うことが大切です。

詳しく見る

色々な症状がある

男性

治療をしながら生活する

うつは社会の中で大きな問題となってきており話題に上がることも増えてきています。その中で日常生活が全く送れないほどの症状をもつ人と他の人が見るだけでうつだとわからないような状態の人まで色々な状態の人がいます。これはうつという病気の定義が広いことと関係しており、同じ診断名がついたとしても軽症の人から中等症の人、さらには重症の人まで様々な違いがあります。基本的に軽症の人は症状の軽い人になり、なんとか日常生活を送っていけていたとしても、心の中では苦しさを感じていたりするという人にはわからない症状を抱えていることになります。この段階では仕事などを無理なく続けていきながら治療をしていくことが可能です。ほとんどの人が、うつになる時に突然重症の症状があらわれるわけではなく、最初は軽症の症状があらわれてきます。それを見過ごしてしまうと、徐々に症状が重くなり、中等症となり重症になっていくという経過をとります。重症になると、布団から起き上がることさえ困難になることもあり、通常の日常生活を送ることが難しくなることもあります。うつが悪化して重症になってしまうと、仕事を続けることは難しくなりますし、自分で生活を自立させることさえできないこともあります。そういった場合には入院が必要になることも珍しくありません。重症になってから治療を開始すると、順調に治療が進んだとしても、完全に治るまでには何年もかかることもあります。またうつは完治させることが難しい病気で、悪化してしまうと長期間にわたって内服治療を続けることになる可能性もあります。これに対して軽症のうちに治療を開始することができた場合には、仕事を休むことなく治療を受けることができる可能性もあります。また重症になってから治療を開始した時に比べれば、治療の効果が早くあらわれやすいという特徴もあります。症状が軽いうちであれば、少しの間だけ内服治療をすることで回復できることもあります。以前は抗うつ剤の服用による副作用の問題がありましたが、今では副作用の出にくい薬がたくさん開発されています。また、うつについての知識が普及したことでうつの治療をしながら仕事を続けることへのサポートも増えてきています。