薬物療法の効果|うつは病院でしっかり治そう【副作用の出にくい薬】

うつは病院でしっかり治そう【副作用の出にくい薬】

サイトメニュー

薬物療法の効果

男女

病院での治療法

一時的なうつは多くの人が経験しますが、長期的に続く場合はうつ病を発症している可能性があります。速やかに精神科や心療内科の専門クリニックを受診してください。カウンセリングを行い症状が判断されます。精神疾患はとてもデリケートな問題です。また、個人差もありますのでそれぞれに合った治療をしなければなりません。うつ病の場合は抗うつ剤を導入するのが一般的な治療法ですが、薬の種類によって合う合わないがあります。薬を服用して副作用が生じることも珍しくありません。万が一副作用が生じたら医師に報告してください。作用の強い薬に至っては副作用が現れる前提で、あらかじめ副作用を緩和させる薬を服用することもあります。神経伝達系を正常に戻す効果がありますのでうつ症状が緩和されます。薬の服用の辞め時につきましては必ず医師と相談して決めるべきです。再発しやすい病気でもありますから、ゆっくり時間をかけて完治させるようにしましょう。適切な治療を行えば高い確率で症状が緩和されます。うつ病を発症するきっかけは個人によって異なります。積み重なったストレスが引き金になることもありますし、強いストレスを受けて短期間で症状を発症することもあるでしょう。きっかけはどうあれ、うつ病を甘く見ないでください。精神的な病気とされているのですが、睡眠障害や摂食障害、体調不良など肉体的にも悪影響を及ぼすことも考えられます。また、うつ病がきっかけで身体の病気になることも珍しくありません。自分自身でうつかもしれないと感じたらできるだけ早くクリニックを受診しましょう。早めに処置することによって重症化を防げます。治療の進め方としてはカウンセリングと薬物療法を行います。脳内の状況が通常運転ではなく異常をきたしている状態ですので、抗うつ剤を使用して脳内のバランスを整えます。薬の効果は服用してから3週間から4週間経った頃から体感できるとされています。もちろん個人差がありますので一概には言えませんが、毎日しっかりと決められた量を服用することによって症状が良くなっていきます。