うつは病院でしっかり治そう【副作用の出にくい薬】

サイトメニュー

現代病を改善する為に

男性

完治させることが大切

近年うつ病を発症する人が増えています。現代病とも呼ばれ自分大丈夫だと考えている人でも、発症してしまう可能性がある病気です。そんなうつ病を発症してしまった場合は精神科や心療内科で治療を受ける必要があります。しかし、精神科や心療内科といってもどこが違うのかわからないという人もいるのではないでしょうか。まず精神科ですが、こちらは主に精神に関する疾患を治す病院です。統合失調症やうつ病などの心の病気の治療を専門としており、心と体にしっかりアプローチを掛けながら総合的な治療を行っています。心療内科の場合は主に心身症など体の治療をメインとしていますが、心の問題が原因で体に症状が現れてくる場合もあるでしょう。その様な場合の治療も行ってくれる場所であり胃潰瘍など様々な治療を行っています。自分がどの様な症状が現れているのかによって利用する病院が変わってきます。ただし、心療内科でも精神科でもどちらの場合でも心と体の両方の治療を目的とし様々な治療を行ってくれるのでしっかり通うことが大切になります。うつ病を治療する場合主に使用されるのが抗うつ剤です。精神科や心療内科で鬱病と診断された場合、処方してもらうことが可能です。うつ病は脳が機能障害を起こしている状態であり、その状態を改善する為に使用する薬です。抑うつ状態を緩和してくれるなど症状改善の為に力を発揮してくれます。またこの抗うつ剤にはいくつか種類がある為、ドクターが症状や副作用の出方を見ながら最初は少量ずつ処方していきます。その為、飲み始めの期間はあまり効果を感じられない場合がありますが、きちんと飲み続けることが大切です。効果が無いと飲んでも意味がないのではないかと考え、途中で服用をやめてしまう人もいますが、きちんと服用することが大切です。きちんと飲み続けることで効果が徐々に現れ症状が改善していくのでおすすめです。薬の処方はドクターが状態を判断しながら処方してくれるので、まずは精神科や心療内科で診察を受けることが大切です。きちんと病院で治療をすることが早期解決への近道になるのでしっかり治療を行いましょう。