選んで安心良い病院|うつは病院でしっかり治そう【副作用の出にくい薬】

うつは病院でしっかり治そう【副作用の出にくい薬】

サイトメニュー

選んで安心良い病院

ハート

その基礎を知ろう

自分ではコントロールできないマイナスの感情も、抗うつ剤を飲むことで楽にしたり、前向きな気持ちも呼び戻してくれたりします。そのこともあり、うつ病の通院先を決める時は、患者に合った薬を適切に処方してくれる精神科や心療内科を選ぶ必要があるのです。具体的には薬効だけでなく副作用もしっかり説明してくれ、次回の再診時には服用中の様子や経過などをきちんと尋ねてくれるのが病院を選びましょう。抗うつ剤は飲み始めてから効果が出るまでしばらく掛かりますが、様子を聞いてくれないようでは副作用も含め、本当に薬が合っているか分かりません。許容範囲の副作用ならそのまま継続しますし、問題があればほかの薬に切り替えてくれるなど、良い病院なら状態に合わせて適宜対応してくれます。内服はうつ病治療の中心的な柱でもありますから、病院を選ぶ時の基準にしておきましょう。一方、診察時間や休診日は医療機関によって違うため、お仕事や学校の都合がある際は、それらも選択基準に入れておけば後々通いやすくなります。ほかの病気と同様、うつ病も軽症や中等症、ならびに重症に分類され、軽症なら外来が基本ですが、重症では入院治療も必要になってきます。また、うつ病は主にメランコリー型と非定型、ならびに精神病性などに分けられ、中でも特に多いのがメランコリー型です。メランコリー型は何ごとにおいても責任の所在は自己にあるという考えが強く、自分自身を責めるのが基本スタンスになります。夜中や明け方に目が覚めて不眠になるほか、食欲が失せたり、そのことで体重がどんどん減っていったりすることもメランコリー型の典型的な症状です。一方、非定型はそれと逆行する性質が見られ、このタイプは自責の念に至ることは非常に少なく、責任は自己にあらず他者にある、というスタンスで物事を考えます。そのほか過眠をはじめ、食欲が旺盛になり、体重が増えていくのも非定型のうつ病に多い症状です。それらに対し重度に数えられるが精神病性で、このうつ病では妄想、および幻覚などに見舞われます。現実との境界が希薄な状況にあるため、殆どのケースで入院が求められるうつ病です。